川崎医科大学の卒業試験で最も出題数が多い分野は?

医進ゼミの石戸です。

川崎医科大学6年生の皆さん、第1回卒業試験お疲れ様でした。
今日一日はゆっくり休んで頂ければと思います。

そして、試験はまだ始まったばかりなので、
明日からは、気持ちを切り替えて公衆衛生・産婦・小児・マイナー科目の学習に取り組んでいきましょう。

特に、公衆衛生は、川崎医科大学の卒業試験でも、医師国家試験でも
最も出題割合が高いです。

第115回の医師国家試験では公衆衛生の出題割合は400問中55問でした。
出題割合2位の循環器の出題数は26問です。
圧倒的に公衆衛生の割合が高いということをご理解頂けると思います。

ちなみに、川崎医科大学の第3回卒業試験でも出題割合が最も多いのは公衆衛生です。
昨年度の第3回卒業試験では公衆衛生は53問出題されました。

このように、川崎医科大学の卒業試験と医師国家試験で公衆衛生は、
出題数が段違いに多いです
だからこそ、第2回・第3回卒業試験対策として、
今からコツコツと公衆衛生対策を頑張って頂ければと思います。

ひとまずは、今日一日は第1回の卒業試験の疲れを癒やしてくださいね。
試験お疲れ様でした。
第1回卒業試験で実力が発揮できていること祈っています。

(追伸)
医進ゼミでは、川崎医科大学の卒業試験に向けて直前対策を実施しております。
効果的な試験対策を行いたいという方は、医進ゼミにご相談ください。
医進ゼミへ問い合わせる

関連記事

  1. 川崎医科大学の卒業試験は難しい?卒試の難易度と日程について解説します

  2. 【速報】川崎医科大学・第3回卒業試験の分析(2020年度版)

  3. 川崎医科大学の第1回卒業試験が始まりました

  4. 【速報】川崎医科大学の2020年度OSCEの結果