川崎医科大学の試験対策に追われた3ヶ月間を振り返って

医進ゼミの石戸です。

久しぶりのブログ更新となります。
皆様お元気にされていたでしょうか??

私はというと、サボっていたわけではなく、
超超超忙しくしておりました。

この業界(医大生の試験業界)では、11月〜2月にかけてが試験ラッシュです。
医進ゼミでも試験対策に追われていました。

本日は、私(石戸)が大変であったことを知って頂きつつ、
川崎医科大学に在学の方は「あーこんな感じで試験があるんだ」と感じて頂ければと思います。

川崎医科大学の試験ラッシュ

川崎医科大学の11月〜2月にかけての試験ラッシュは以下のようになります。

★11月
・川崎医科大学の4年生のCBT対策
・川崎医科大学の6年生の第3回卒業試験対策

★12月
・川崎医科大学の4年生のOSCE対策
・川崎医科大学の6年生の第4回卒業試験対策

★1月
・川崎医科大学の3年生の科目別の試験対策
・川崎医科大学の1年生の循環器・内分泌/脳神経・感覚器の試験対策
・川崎医科大学の2年生の薬物治療の試験対策

★2月
・第115回・医師国家試験(2月6・7日)
・川崎医科大学1年生〜3年生の総合試験(2月18・19日)

どの学年が大変?

1月には1年生〜3年生まで試験がありますが、全ての学年で同じように大変というわけではありません。
(もちろん、当事者の学生さんとしては大変だと感じられていると思います)

学年別に比較した場合1月の試験は、2年生の方は比較的余裕があります。
なぜなら、川崎医科大学の2年生の場合、11月に試験はほぼ終わっているからです。
1月に控えている試験は、2科目で、
どちらも対策する時間が十分あるため比較的余裕があります。

しかし、

    1年生、3年生はこの時期めちゃくちゃ大変

です。

1年生は科目数こそ少ないですが、

    「脳神経・感覚器」は鬼門と言われるほどよく落ちる試験だから

です。

また、初めて経験する医大生活ということもあるので、
「もしかしたら落ちてしまうかもしれない」というプレッシャーを初めて感じるため、
精神的には一番きついと言っても過言ではないかもしれません。

一方、3年生は、科目数が多いため大変です。
1月に実施される科目数は、なんと9科目です!!
(具体的には精神・医学英語・循環器・神経・消化器Ⅱ・耳鼻科・運動器・生殖器・妊娠です)

ここで落とすと補充試験(再試験)を受けるために勉強時間を割かなければならないため、
総合試験の勉強時間が少なくなります。
したがって、この9科目の試験を落とすことは大きなデメリットとなります。

ところが、そんな医大生の気持ちとは裏腹に、

    3年生の神経と消化器Ⅱの試験はめちゃくちゃ難しいです。


昨年消化器Ⅱについてあげた記事があるので、よければそちらもご覧ください。

つまり、

1年生はメンタル面での戦い。
3年生は学習量での戦い。

となります。

そして、科目別の試験対策が終わったら、すぐさま総合試験に向けての対策です。

川崎医科大学は進級できるかどうかは、
総合試験の点数によって決まります。

ですから、ここが一番の重要なところです。

過去5年分以上の総合試験の研究をして作成したテキストを用いて
最後の追い込みのお手伝いをさせて頂きました。

総合試験対策だけでは終わらない・・・

総合試験対策も大切なのですが、もう1つめちゃくちゃ重要な試験があります。

そう、それは、

    医師国家試験

です。

この試験が最終ゴールなのですから、皆さん最後の追い込みをかけます。

ということで、総合試験の対策をしながら、
医師国家試験の対策授業もしていくという鬼のように忙しい3ヶ月間を過ごしました。

忙しかったですが、「教えてもらえて良かった」「先生のおかげで合格できました」と
言ってくださる声を頂けたので充実した3ヶ月間でした。

落ち着いてきたので、そろそろ・・・

ようやく落ち着いてきたので、
また、こうしてブログを更新していきたいと思います。

良ければ、ぜひ気が向いた時にご覧ください。

(追伸)
医進ゼミでは、効果的な医学部進級対策を行っております。
「医進ゼミの教材のおかげです」「授業がわかりやすいです」という
喜びの声を頂いております。
効果的な進級対策を行いたいという方は、ぜひ、医進ゼミにお問い合わせ下さい。
医進ゼミに問い合わせてみる

関連記事

  1. 【応援】川崎医科大学第1回卒業試験

  2. 第114回医師国家試験の合格ラインは??

  3. 医師国家試験は難しいの?医師が難易度について考えてみた

  4. 【CBTとは?】医学部4年生が受けるCBTってどんな試験?医師が徹底解…

  5. 医師国家試験の合格基準の決め方とは?